京都の伝統工芸品

経済産業大臣指定伝統的工芸品

経済産業大臣指定伝統的工芸品

「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」に基づき経済産業大臣が指定するもので、次の要件が必要です。

  1. 主として日常生活の用に供されるものであること
  2. 製造過程の主要部分が手工業的であること。
  3. 伝統的な技術又は技法により製造されるものであること。
  4. 伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるものであること。
  5. 一定の地域において少なくない数の者がその製造を行い、又はその製造に従事しているものであること。

京都府知事指定伝統工芸品

京都府知事指定伝統工芸品

国による伝統的工芸品の指定を受けていない工芸品の産地を対象に、京都府独自の産地指定制度に基づき指定するもので、次の要件が必要です。

  1. 製造過程の主要部分が手工業的であること。
  2. 伝統的な技術又は技法により製造されるものであること。
  3. 伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるものであること。

:主な製品 :産地組合名

このページの先頭へ戻る

京都伝統工芸体験工房協議会
TEL:075-200-3633 FAX 075-320-3579
[営業時間]10:00〜17:00(土日休)